2018年2月22日 archive

2月 22

おはぎ実習

おはぎ実習

2月20日 昼生小学校の5年生の皆さんとおはぎ作り実習をしてまいりました。

この実習は、5年生の生徒が田んぼの準備から田植え、稲刈り、脱穀精米と手塩にかけて育てた昼生米をみなさんに振る舞う行事として毎年恒例となっております。

今年は5年生の人数が5人と少なく、その内の一人が体調不良で欠席となり4名の生徒と手の空いている先生にも手伝って頂き、スクランブル体制で全校生徒分、109個ずつのこしあん・つぶあんおはぎを作りました。
おはぎでは使い切れなかった分はお赤飯とし給食の主食として各学年に配布し食べて頂きました。

#小学生
#田んぼ
#田植え
#稲刈り
#5年生
#一から手作り
#手作り
#実習
#講習
#生甘堂
#japanesefood
#japanesesweets


せいかんどう

〒519-0134
三重県亀山市中庄町714‐10
電話 0595-82-1011
Fax 0595-83-4733
営業時間 8:00~19:00
定休日 火曜日


ホームページ http://okashiyasan.com
亀山あきないブログ http://kameyama-shop.jp/seikando/
Facebook https://www.facebook.com/seikando
Youtube http://www.youtube.com/okashiyasan
Google+ https://plus.google.com/+Okashiyasan
Twitter https://twitter.com/seikando_info
LINE@ https://page.line.me/okashiyasan
Instagram https://www.instagram.com/seikando
LINEで送る
[`evernote` not found]

2月 22

学校につくと、今日は取材が入りますとのこと。

学校につくと、今日は取材が入りますとのこと。

「はい、分かりました」と軽い返事の後、伊勢新聞さんに読売新聞さん、テレビカメラ担いだ三重テレビさんまで来て頂き講習の内容を取材してくれました。

最近は講習会の依頼が増え、様々な場面で講習をさせて頂き、非常に多くの方との出会いの場を頂いております。
基本的に簡単な配合、作り方を考案し誰でも手軽に失敗のない和菓子作りができるように取り組んでおります。

講習に来られる方に伺うと、お家で洋菓子を作る方は多くても和菓子を作る方は少ないのが現状です。
実は簡単な道具と方法で本格的な和菓子が手軽にできることを皆さんに知ってもらい、少しでも和菓子の世界に触れて頂ければと日々簡単レシピ開発中です!

このレシピ開発、亀山市の商店主の方たちで取り組んでいる「亀山まちゼミ]への参加がきっかけで考えるようになりました。
30分から1時間ほどの講習で、お店も店主も取扱商品もお客様に知っていただくというコンセプトで開催されており、2月と9月年二回のペースで過去4回開催されました。

そんな亀山まちゼミ、只今「第5回亀山まちゼミ」として開催中です。
すでにゼミ時が終了したところ、受付終了したところもありますが、このまま第6回・7回と会を重ねられるように亀山の商店主一同頑張っていきま〜す!

@伊勢新聞の記事へ飛ぶ
亀山 高校生が生菓子作り 「生甘堂」店主に学ぶ


せいかんどう

〒519-0134
三重県亀山市中庄町714‐10
電話 0595-82-1011
Fax 0595-83-4733
営業時間 8:00~19:00
定休日 火曜日


ホームページ http://okashiyasan.com
亀山あきないブログ http://kameyama-shop.jp/seikando/
Facebook https://www.facebook.com/seikando
Youtube http://www.youtube.com/okashiyasan
Google+ https://plus.google.com/+Okashiyasan
Twitter https://twitter.com/seikando_info
LINE@ https://page.line.me/okashiyasan
Instagram https://www.instagram.com/seikando
LINEで送る
[`evernote` not found]